寮食堂で、説明と質疑応答を行った後、昼食を頂きました。 さすがに育ち盛りの若い学生達の食事だけに、品数が多く、 ボリュームもあり、美味しかったです。 現在、ハノイの建設大学との提携を結びたいと交渉中で 交換留学も考えているそうです
1年から一般教養とともに専門科目を習い始め、 年ごとに専門科目の割合が増えていくシステムのカリキュラムで、 卒業後の就職率は100%ということでした。 30倍以上の求人率に驚かされました。 学費も他の教育機関に比べるととても安く、条件に応じて、 授業料の免除もあり、とても恵まれた環境にあると思いました。 又、機械工学科ではロボットコンテストに挑戦したりして、 勉強の成果を試す機会も与えられています。 体験では、3次元形状造形装置3Dプリンタで 研修生達の名前を彫ったプレートに色塗りをし、 各自が自分のキーホルダー作りを楽しんでいました。 講義室、男子寮の見学をささせて頂きました。



7月12日
午前 国立石川高等専門学校