Topページ

令和3年11月27日、NPO法人「海外青年交流協議会」の今後の在り方について、法人格の返上について理事会を開き、ました。

協議と会員全員の投票結果、返上に賛成の方が3/4以上ありましたので、これから法人格返上の手続きに前理事長の高 誠を中心に入ることになりました。

NPO法人「海外青年交流協議会」は約50年前に、当時、海外に渡航することが、難しい時代、若い人たちに海外を経験させ石川県を担うべく、その参加者を中心にその経験を今後の活動に生かそうという目的で、発足し活動を進めてまいりました。

時代が変わり気軽に海外経験ができるようになりました。

また令和の「スペイン風邪」コロナウイルスの世界的蔓延により、活動もままならくなり、令和2年から活動を休止してまいりました。

時代の変化とコロナにより活動できない時期を鑑み、以前からあった「NPO法人 海青協」の存在意義についいて議論をし、賛成を得まして、この度NPO法人としての活動を返上するうことになりましたので、ご報告いたします。